スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜はご馳走!

昨日ご紹介したローストビーフ、完成です!



お皿に盛り付けて…



今注目の牛の赤み!

調べると、良いこといろいろです!

というわけで、読み物から引用しつつ、良いところ紹介しますね。

美しくダイエットする為に牛赤身肉を食べましょう!

お肉には動物性たんぱく質が多く含まれ、食べることで代謝を上げてくれる働きがあるんですって!
この効果は魚や大豆では残念ながら得られなようです。
また、たんぱく質は、全身の細胞を構成する大事な成分であることから、ダイエット中でもしっかり食べる必要があるのですよ。
キレイにやせたいなら、肉のなかでもとくに牛赤身肉がおすすめらしいです!

それから、牛赤身肉には脂肪の燃焼をサポートする、L-カルニチンが豊富に含まれています。
L-カルニチンを含む食品を積極的に摂取することで健康に美しい身体を作り続けていけることできると、2010年のミスユニバース代表の女性が話していました。

さらにさらに…
牛赤身肉は、タンパク質と鉄分豊富で女性を元気にします!

牛赤身肉100g を週に2.3回食べるようにすると、血液中の鉄分の量が安定するそうです。

牛肉には、赤血球を形成するもう一つの要素、必須アミノ酸のバランスが良いタンパク質も豊富に含まれており、貧血の改善、予防に最適の食材なんだとか。

鉄を多く含む材料というと、ほうれん草をイメージする人が多いと思いますが、ほうれん草などに含まれるのは植物性の非ヘム鉄で、牛赤身肉に含まれる鉄はヘム鉄です。
ヘム鉄のほうが5~10 倍も体に吸収されやすい性質があるんですよ。

また 牛肉に含まれる鉄は、肉の中でも多く鶏肉や豚肉の2倍以上もあるのです。

鉄はビタミンを多く含む野菜や果物などといっしょに食べると吸収力がアップするので、食べ合わせも工夫を!

牛赤身肉を食べれば甘い物の誘惑に勝てるのです!

ダイエットの大敵といえば、お菓子やケーキなどの甘いもの。
これさえ我慢できれば、やせられるのに・・・・。なんて思っていませんか?

甘いものをやめたいなら、肉をしっかり食べるのが一番!という話も。

肉に含まれるアミノ酸には、甘いものを食べたいといる欲求を抑える働きがあるといわれているんですって。

女子力アップには牛赤身肉を食べましょう!

お肉をしっかり食べている女性は、いくつになってもいいホルモンが分泌されるようで、健康的な魅力が維持できるんですって!

年を重ねても元気で魅力的な女優さんには、お肉好きな方が多いという傾向もあります。
是非とも積極的に肉を食べて、女子力アップを目指しましょう!

参考になりました?

次は、どうやって赤身肉をやっつけるか、私の試行錯誤が始まっています。

良い案があったら、是非ご伝授くださいね。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール
JMAA認定セルフメディカルソープビルダー/JMAA認定セルフケアセラピスト/EJA認定耳ツボジュエリスト

まこりん

Author:まこりん
■セルフケアで輝きを!■

自分を大切にする。家族・友人を笑顔にする。
そのためにできる小さな1歩、「セルフケア」。

ちょっと手間はかかるけれど、自分のために石鹸を作ってみる。
時間がなければ、自分に合った石鹸をオーダーしてみる。
耳ツボやハンドケアを覚えて、自分や家族の体を癒す。
楽しくおしゃべりしながら心を元気にする。

GAMUGAMUがそのお手伝いをいたします。

手作りSOAP、オーダー随時受付中!
オーダーいただいてから発注する天然植物油を使った、優しく素朴な仕上がり(=^^)b

作ってみたい!と思ったら、迷わず右記メールフォームよりお問い合せを!m(_ _)m

イーココロ!クリック募金

最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
がんばってるかな?
皆さんの目でCheckしてください!
3Dのクリスマスツリー・ブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

申し込み/問い合わせ
お申し込み・お問い合わせは、下記フォームから (氏名・メアド・電話番号・ご希望の日時等 ご記入漏れのないようにお願いします。)

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

お知らせ
★手作りSOAP★ 現在レッスンの受付は行っておりません。2015年1月より再開します。オーダーは随時受け付けておりますが、オーダー後納品まで3ヶ月ほどいただいております。
★耳ツボジュエリー★ 現在、施術並びにレッスンは行っておりません。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。