スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同窓会

昨日(21日土曜日)、卒業より30年目の同窓会(って、年齢バレバレf(^^;) )がありました。

返信したものの、実はすごーーーく複雑な心境でした。
行きたいような、行きたくないような・・・・。

中学時代・・・・私にとって忘れがたいことが沢山あった時期ではありましたが、決してよいことばかりとは言えませんでしたから・・・・。


消し去ろうとした記憶、そして自分がそこにはありました。

それでも、それに負けたくないと、ひとつひとつ経験をつんでいくことで乗り越え、薄めてきた想い。
そんなものが、どの程度通用するのか、自信がなかったから、迷ったのかもしれません。


それでも、名簿を見れば懐かしくて、みんなに会ってみたくなりました。



当日、パパに送ってもらい、会場の入り口で降り立った時、遠くから「久しぶり~。わかる?」の声。
一瞬で肩の荷が下りた・・・・そんな気持ちでいっぱいになりました。

とっても嬉しかった。



時は流れ、みな成長して穏やかになり、あの当時ぎすぎすしたり尖っていた人間関係もなりを潜め、まるでクロスワードを解くようにそれぞれの名札や顔を見つめ、パズルのピースをはめ込んでいくように、穴あきだらけの記憶に思い出した事柄を当てはめていく、そんな作業が1時間半ほど続きました。

場も盛り上がり、そろそろパズルの完成に近づいてきた時、私は気づいたのです。過去の自分のポジションに。


時間は引き戻され、残されていたハッキリした記憶以外のおぼろげな記憶が鮮明になるにつれ、忘れよう、変ろうと努力しやっとたどり着いた自分から、淋しくて、いつも誰かをうらやんでいた自信のない輝きのない当時の自分が顔を出していました。

本当は甘えたかったのに上手く甘えるすべがわからなかった自分。
自然に仲良くしたかったのになぜかいつも空回り、自分を素直に出せずいこじになっていた。
友達は浮いた話があるのに無縁な自分を、さえないルックスと堅い頭のせいだと決めつけ、そのコンプレックスにいつも怯えていた私。
先生に媚を振るつもりなど更々なかったのに、なぜか持ち上げられ、現実の自分とのギャップに悩み、身分不相応の自分を冷ややかな目で見る同級生に怯えていた・・・・。


大切な友人との再会というご褒美と共に、こんな代償を払うことになろうとは、想像もしていませんでした。



でも、帰宅の遅い私を、晩酌もせず待っていてくれた主人が、翌朝かけてくれた言葉で、すべて払拭されました。

「同窓会、楽しめた?」という彼の問いに、前日の同窓会であった出来事、交わした会話、感じたすべての感情、とにかく嬉しかったこと悲しかったことすべてを語ったら、彼はこう言ってくれたのです。
「それだけの言葉(想い)があふれ出すってことは、いい同窓会だったということだね(=^・^=) ステキな出会いがあったんだね。出席できてよかったじゃん!」と。



「そうだ、そうなんだ!」

彼に言われるまで気づかなかったけれど、ステキなな時をプレゼントしてもらったのだと感じました。
だって、彼が言うとおり、これが始まりなのだから。

過去の人間関係は変えることができないし、過去の自分とは決別できないけれど、私もみんなも「今」を生きているのだから。
親しい友人のひとりが、「会ったときにステキな人生を送ってきたのだなと感じた。」と言ってくれたように、苦労も含め沢山の出会いや経験をつんできたことはまぎれもない事実なのだから。全く成長していないということはないのだから。
また自分だけでなく受け止める側の同級生達も、同じように時を刻んでいるのだから・・・・。

こんなことを想いながら、同時に、「こんな言葉をかけてくれる人と縁があってよかった(=^・^=) 」と私たちの出会いに感謝しました。゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚



2人の会話の「みんなが一番怖がっていた人に怖がられていたらしい。」とか「恋やモテるという言葉とは全く無縁な女子中学生だった。」とか、「パパと出会った頃のママも、話すのに緊張する人がいっぱいいた。」という話聞きかじった次男が、「じゃ、お父さんはお母さんのどこが好きで結婚したの?」と尋ねました。

主人は、すかさずこう答えました。「お母さんは、怖い人だというわけではないんだよ。ただ、、良いことも悪いこともはっきりしている人なんだ。だから、一目置かれていたし、きっとみんなが緊張したりしたのかもしれないね。でもお父さんは、お母さんのそんなところがいいな~って思ったんだよ。人に思いをはっきり伝えられるってところ・・・・。 お母さんは嘘のつけない人だからね。(=^・^=)b」って。


こんなに不器用な生き方をしている私の、その不器用さを認め愛してくれたのだと思ったら、涙が出るくらい嬉しくなりました。


すかさず「お母さんの顔とかスタイルが可愛かったからじゃなくて?」と聞き返す息子に、「ま、それが大部分かな?(≧∇≦)b」と茶目っ気たっぷりで、切り返す主人をみて、嘘だとわかりつつも「いったいどんだけ目がわるいんじゃい!」と突っ込みたくなりましたが、彼の存在をありがたく感じました。



中学時代仲のよかった友人やその当時はあまり言葉を交わすことのなかった人と再会し会話したことで、これから築いていく絆と、これから更に深めていく絆を見つけることができたのですから、やっぱり「同窓会」に参加することができてよかったと心から思います。



なんか、最後はのろけ?も多分にありましたが・・・・、とにかく「同窓会」っていいぞ~ってことです。
皆さんも、おっくうがらず、是非出席してくださいね(*‘‐^)-☆



最後に・・・・・
見てもらえているかはわかりませんが、
発起人となってくれた皆さん、本当にありがとうございました




strong>ワンクリックに ご協力お願いします!
皆さんのポチッが、私の未来を開くです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール
JMAA認定セルフメディカルソープビルダー/JMAA認定セルフケアセラピスト/EJA認定耳ツボジュエリスト

まこりん

Author:まこりん
■セルフケアで輝きを!■

自分を大切にする。家族・友人を笑顔にする。
そのためにできる小さな1歩、「セルフケア」。

ちょっと手間はかかるけれど、自分のために石鹸を作ってみる。
時間がなければ、自分に合った石鹸をオーダーしてみる。
耳ツボやハンドケアを覚えて、自分や家族の体を癒す。
楽しくおしゃべりしながら心を元気にする。

GAMUGAMUがそのお手伝いをいたします。

手作りSOAP、オーダー随時受付中!
オーダーいただいてから発注する天然植物油を使った、優しく素朴な仕上がり(=^^)b

作ってみたい!と思ったら、迷わず右記メールフォームよりお問い合せを!m(_ _)m

イーココロ!クリック募金

最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
がんばってるかな?
皆さんの目でCheckしてください!
3Dのクリスマスツリー・ブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

申し込み/問い合わせ
お申し込み・お問い合わせは、下記フォームから (氏名・メアド・電話番号・ご希望の日時等 ご記入漏れのないようにお願いします。)

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

お知らせ
★手作りSOAP★ 現在レッスンの受付は行っておりません。2015年1月より再開します。オーダーは随時受け付けておりますが、オーダー後納品まで3ヶ月ほどいただいております。
★耳ツボジュエリー★ 現在、施術並びにレッスンは行っておりません。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。